吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

電車やバスにペットを乗せる方法

2020年5月18日

電車やバスなどの公共交通機関にペットを乗車させる場合のルール

実は顔や体の一部をキャリーバックから出してはいけないというルール以外にも、運行会社それぞれのルールがあります。電車やバス内には犬が苦手な方も大勢いるので、あらかじめルールを確認し、スマートに利用できるよう心がけましょう。

スリングやペットカートが禁止されている場合があります

今や愛犬の移動手段に「スリング」を使う方も増えています。キャリーバックに比べ体に密着するデザインは使い勝手がよく、肩に負担がかからないと好評です。

折り畳み持ち運べるので、移動中やお出掛け先でも扱いがスムーズです。

でも実はスリングは一部の運行会社では利用が禁止されています。電車やバス内ではスリング型のキャリーバックを禁止し、バック型のみ許可がされていることがあります。

このようなルールを無意識ながらも破ってしまうと、思わぬトラブルにつながる場合もあるので、利用予定の交通機関のルールはあらかじめ確認をしておきましょう。

同様にペットカートもサイズや形状の問題から禁止されている場合があります。サイズが大きく、周囲の目を引くからこそ、ペットカートの可否は事前確認が必須です。

犬

電車では別途「手荷物代」がかかります

実はペットを電車に乗せるときは、飼い主の切符代と合わせて「手荷物切符」の購入が必要です。手荷物切符は、券売機の取り扱いがなく、窓口での購入です。

購入するとキャリーバックに下げる荷札が発行されます。乗車中はこの荷札をみえる場所に付けておきましょう。

これはたとえ小型犬用の小さなキャリーバックでも例外ではありません。ペットを乗せる場合に必ず必要になります。切符代は数百円です。

購入に関して厳密なチェックはなく、自動改札であれば係員と顔を合わせることもないでしょう。ただ車内で思わぬトラブルなどが起きた時に、きちんと乗車のルールを守っていることでトラブルを解決できることもあります。

愛犬を電車に乗せる場合は忘れずに「手荷物代」の切符を購入しましょう。

このほかにも、運行会社や地域によって様々な取り決めがあり、都度内容が見直されているので、利用の都度内容を確認しておくと安心です。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る