吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

動物管理センター(保健所)の中を見たら・・・

2019年8月18日

なくならない殺処分

皆さんは動物管理センター(保健所)の中を見た事がありますか?
殆どの方がこの場所は縁遠い所で、あまり知らないという方が沢山おられると思います。
今回は私が実際に見た光景を少しお伝えしたいと思います。

私はドッグトレーナーを行なっている傍、月に何度かボランティアで動物管理センターに出向き、しつけを教わったことのない子達に基本的なトレーニングと一発芸を教えています。

私の出来ることは極小さなことですが、問題行動の抑制と芸を教えて、次の飼い主さんの目に止まりやすいように、犬にとってはする必要がないはずの事を教えています…

その中で私がいつも思う、あの殺伐とした収容所と、その奥の俗に言う、ドリームボックス。
このドリームボックスという言葉、皮肉で考えられたのかもしれないが、私は大嫌いな表現です。
夢を見るように旅立てる、そんな事は無く、踠き苦しみ悲鳴とともに最期を終える『処分機』です。

犬の写真

収容所の設備は、すべてボタン1つ

犬がいるスペースは約1.5畳ほどのスペースになっており、水・餌などは全て外から接触なしにできるようになっています。

どのように処分機まで連れて行くか?

これは実際に見た方ならわかると思いますが、すごく酷いです。
犬が収容されている扉の横に、ボタンがあり、そのボタンを押すと、可動式の扉が奥に押されていきます。
それと同時に奥の壁が上下に動く仕組みになっていて、奥の扉が開きます。
奥は通路になっています。その通路にも可動式の扉が設置されて、押し込む形で処分機まで入れます。

犬の命は全てボタン1つで終わります。

犬の写真

高温で焼くため骨なんか殆ど灰になり何もの残らない

そこで働いている方に聞いた『殺処分についてどう思われますか?』という質問に…

職員の方は悲しみをこらえたように、『殺したくないです。私のところではせめてもと思い、処分機では無く、麻酔薬で眠るようにしています。』
と聞きました。
働いている方にも相当なストレスだと思います。

動物愛護団体の実情

動物愛護に尽力されている団体の殆どが、やはりお金に困っています。
『お金が無ければ、動物は救えない。』
すごく生々しい言葉ですが、これは事実です。

身銭を切って、『犬のために』『猫のために』と活動されている方も多くいます。

行政主導のアニマルシェルターを強く願う

アニマルシェルターは
『ペットを捨てる人がますます増える』
『財源の確保はどうする』
『どこに建設する』

など様々な課題はあるかと思いますが、最終的にはペットショップを廃止してアニマルシェルターから犬を引き取るような形ができればと願っています。

もっと私に発信力があれば良いのですが…

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る