吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

実は上級者向けなしつけが難しい犬種達

2019年4月6日

しつけをしないと大変な犬種

ペットショップでは様々な珍しい犬種を取り揃え、ネットを活用すればブリーダーから直接購入することも出来る環境が整っています。ただペットとして有名な犬種であっても、中にはプロの目でみると一般家庭ではしつけが難しいと感じるケースも多々あります。ここではそのような上級者向けの犬種についてご説明させていただきます。

知能レベルと運動能力は犬種NO.1のボーダーコリー

フリスビードッグとしても有名なボーダーコリーは、数ある犬種の中でも最も知能レベルが高いと言われています。その知能は人間の7歳児とも10歳児とも言われるほどです。もちろん知能の高さはしつけの覚えの早さにもつながり、トイレのしつけもたった1回で覚えたということも珍しくありません。しかし一方でいたずらは飼い主の想像以上に高度になり、ストレスの感じ方も人間並みです。

繊細な気質であることから、時には気難しいと感じることもあります。

知能が高いから、飼いやすいと誤解されることもありますがしつけにはプロのトレーナーの協力がかかせません。

ジャックラッセル

デビルドッグと呼ばれるジャックラッセルテリア

数ある犬種の中でもっとも筋肉の発達が目覚ましいとされる犬種です。ジャックラッセルテリアは疲労を感じない、24時間動き続けることが出来るとも言れるほどにパワフルです。当然日々相当な量の運動が必要で、飼い主と朝夕に近所を散歩する程度では到底足りません。その上知能が大変高いのもこの犬種の特徴です。明るく、陽気で社交的とされる一方で、プロのドッグトレーナーからはデビル、デビルドッグとも言われる気質をもっていることをしっかりと理解しておきましょう。

日本犬特有の気質が色濃く残る秋田犬

近年海外でも人気が高まっている秋田犬の飼育頭数が徐々に増加傾向にあります。ブリーダーからの直接購入の機会が増えたことがその理由の1つでしょう。秋田犬は大変忠実で忍耐強く、落ちつた気質である反面、飼い主以外への警戒心が強い面があります。不意のタイミングで強い攻撃心を見せることもあり、体も大きいことから常に油断は禁物です。犬の飼育に不慣れな家庭で飼いならせる犬種ではないので、くれぐれも注意が必要です。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る