吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

電車に犬連れで乗る場合の注意点

2016年10月11日

最近は、犬連れOKの観光地、イベント、宿泊先と益々犬と一緒に楽しめる場が増えています。

どこに行くにも愛犬と一緒というご家族も多い事でしょう。

その中で、電車に犬を連れて乗る場合があります。この時周りに迷惑を掛けずに、スムーズに過ごせるように電車に犬を乗せる場合のルールを覚えておきましょう。

 

① 犬は別料金がかかります

実は、知らなかったという方が非常に多い、電車に乗せる時のルールとして、犬の乗車には「手荷物」運賃がかかるのです。

この手荷物運賃の切符は、人間用の券売機では販売しておらず、係員や窓口での購入となります。費用は各鉄道会社による異なりますが、概ね数百円ほどです。この手荷物運賃を支払うと、支払い済みのタグをもらう事が出来、そのタグを乗車中は犬のキャリーバックに着けておきます。

小型犬の場合、キャリーバックのサイズが、通常の手荷物カバンと大差ないサイズであることもあり、さほど厳密に支払いを求められる事はありませんが、規則があるという事は覚えておきましょう。

 

② 座席の利用はできません

手荷物運賃を支払ったからといって、愛犬のキャリーバックを座席に置き、一人分のスペースを確保する事は出来ません。新幹線やグリーン車でこのこと時折トラブルになるケースです。原則として、中身が動物であっても手荷物扱いですから、愛犬のキャリーケースは自分の膝の上で抱え持つ、もしくは手で持つという事が決まりです。

 

③ 乗車中に愛犬の顔を出してはいけません

電車に乗せる際には、どんなにおとなしい犬であっても、必ず全身がキャリーケースの中に入っていなければなりません。顔を出してあげた方が落ち着く、頭を撫でていてあげたいという飼い主さんもいるのでしょうが、これは周りへのマナーでもあり、愛犬と他の乗客とのトラブルを避ける為でもあるので、必ず守りましょう。

 

また、慣れない電車では、愛犬が興奮してしまい吠えてしまうこともありますので、タオルなどを持参し、キャリーケースの中から外が見えないように目隠しをしてあげると、興奮が収まりやすくなるので覚えておきましょう。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る