吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

散歩デビューで経験させたい子犬の為の社会化練習

2019年3月12日

社会化期の大切さ

犬のしつけに関してたびたび社会化という言葉を耳にするでしょう。生後半年を目途に社会に溶け込むための練習を重ね、成長後は社交的で穏やかな性格になって欲しいと取り組むしつけです。ただ社会化の必要性は理解できているものの、具体的に何を?何回?すればいいの?と疑問や不安を感じる方もいるでしょう。ここでは社会化の意味をご説明させていただきます。

子犬の写真

社会化は日常の音、人、物に慣れる練習

子犬に必要とされる社会化とは、今後家族と共に暮らす環境にどのような音、人、物があるのかを経験すること、慣れることを目指す練習です。

例えば音は犬舎で生まれ、ペットショップに並び、新しい家族に迎え入れられるという流れの中で経験していない生活音がたくさんあります。

玄関チャイムがその代表例です。玄関チャイムは新しい家庭での生活が始まり、初めて耳にする音です。

他にも車やバイクの音、雨が降る音、掃除機の音など知らない音がたくさんあります。

同様に人も家族以外に獣医師やトリマーなど愛犬が苦手だ、嫌だと感じることを施す相手もいます。

様々な「知らないこと」を「知っていること」に変える練習が社会化なのです。

子犬の写真

こんな場面を経験させよう

犬は散歩が大好き!誰もが知っていることでしょう。

でも社会化不足の犬にとって散歩は緊張と恐怖の連続であり、必ずしも楽しい時間ではありません。

これでは日々の運動不足やストレスを発散する手立てが無くなってしまい、問題行動が起こるのも無理はありません。

愛犬の緊張や不安を解消するためには

・家族以外の他人と触れ合いを持たせる

・他犬と挨拶をさせたり、触れ合う機会を持たせる

・雨や雪でも散歩に出かけ気温や感触を経験させる

・交通量の多い道路を歩き、交通騒音を経験させる

など様々な経験をさせてゆきましょう。

散歩ルートや所要時間は必ずしも毎回一定である必要はありません。あえて様々な散歩ルートを作ることで、より多くの経験を積むことも出来おすすめです。

怖い事、嫌なことは無理強いしない!がルール

愛犬が不安や緊張を表している時、しつけのため、社会化のためにと物事を強制してはいけません。強制されることで強いストレスを感じ、トラウマになり結果的には悪い印象を強めることになります。社会化では無理をせずにゆっくりと物事に取り組むことも必要です。

子犬の写真

ペットライフ吉造

出張ドッグトレーニング・犬のしつけ教室・預かりしつけ教室

犬との関係をより良くする事がドッグトレーニングです。愛犬と穏やかに暮らすために、ある程度のトレーニングが必要です。兵庫県西宮市を拠点に全国でドッグトレーニング ・犬のしつけをしており、数々の飼い主様の『どうしたらいい?』を解決してきました。犬のことならどんなことでもご相談ください。

ペットホテル

長期、短期旅行など愛犬を連れて行けない時はご連絡ください。急な用事にも送迎を行なっておりますので、対応可能です。11頭と収容数は少ないですが、過密ペットホテルではできないアットフォームな、一匹一匹に時間をかけれる部屋数に設定しております。1300m2のドッグランを完備しております。犬たちの性格、年齢、体格とグループに分けて思い切り駆け回って楽しく遊びます。

冷暖房完備、超大型犬でも泊まれるハウス、ペットライフ吉造ではワンちゃんにストレスがかかりにくい、快適なペットホテルを提供しております。

 

 

 

 

 

ペットライフ吉造

tel: 0798-20-4741

mail: petl.kichizo@gmail.com

Facebook:  https://www.facebook.com/kichizo.dog

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る