吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

大切な犬の命を守る

2019年3月2日

『殺処分大国』とも言われる日本が抱える問題

犬の一生は誰が決めるのか

現在の日本では、多い年には1年間におよそ20万頭もの犬が殺処分されています。

年々保護活動に尽力されている団体や個人の方の数が増えてはいるものの、殺処分の前に保護され、新しい飼い主が見つかる犬はほんの一握りです。

そのため、私たちが今このときを過ごしている今日もなお、1日およそ500頭もの大切な命が人間によって消されています。

私たちが普段目にすることのない場所で、私たち人間のエゴによって、何の罪もない大切な命が消し去られているのです。

私たちペットライフ吉造は、この悲惨な現状を私たちの取り組みによって変えていきたい、変えていくのだと、本気で思っております。

殺処分される犬たちのなかには、野良犬ももちろんいますが、近年では主にペットとして飼われていた犬たちが、様々な理由で飼い主たちに捨てられています。

こうして飼い主たちに見放された犬たちを救うサポートを行っているのが、保護活動をされている方々や様々な機関です。

ただし、これらの保護活動では、まず前提として飼い主から捨てられた、虐待されている等、すでに彼らが悲惨な状況下にいて、新たな飼い主や家族を見つけるという過程になります。

そのため、殺処分大国ともいわれる日本が抱えている問題の殺処分数を減らすことはできたとしても、ゼロにすることは難しいと考えます。

収容された犬の写真

私たちにできる事は何か

私たちペットライフ吉造は、犬のしつけを主体とした犬屋さんです。私たちができることは何か、それを考え、今も行なっているのが2つあります。

1つは犬のしつけイベントです。これはどなたでも無料参加できる、しつけの意識向上、今抱えている問題行動の改善など、犬とのより良い関係を作るためのイベントです。

もう1つが、ボランティアで動物愛護センターの譲渡犬たちをトレーニングし、新たな家族に受け入れやすい状態を作ることです。その中には、数々の素晴らしい犬たちとの出会いがあり、思い出すのが辛い悲しい別れもありました。自分の腕のなさに悲観した日を忘れることはありません。マニュアル本では決して知り得ない犬のイロハをこの犬たちから教わりました。

ペットとして飼っていた犬を手放す理由は本当に様々ですが、そのなかでも「しつけ」この理由が本質的には多いのではないかと考えます。

それと、入手のしやすさも問題の1つでしょう。ホームセンター、ショッピングモールなどで、子供が親に、『飼いたい』と駄々をこねている様子をよく見かけます。犬が入っている小屋の前には、まるで大特価と言わんばかりにでかでかと書かれた値札。価格も生後6ヶ月を超えると2~5万円程度です。

飼うということが駄目ではなく、“安易に買う”ことが駄目なのです。犬は“買う”ではなく“飼う”です。発音は一緒でも言葉は大きく違います。

犬を飼うということは、とても素晴らしい事ですが、一方でよく考えて飼わなければいけません。犬達は私たちに様々な事を教えてくれます。どんな時も寄り添ってくれ、嘘をつきません。そんな犬たちが不幸になるのは遣る瀬無いです。

大手ペットショップが先頭に立ち、生体販売をやめる勇気を出せば、後に続く他ない、ペットショップが増えるはずですが、その傾向はいまだありません。

 

犬の写真

犬のしつけ、という事がまだ日本では意識として行き届いていない、体制があまり整っていない状況と思います。

現在の日本社会ではスポットのあてられない非常にマイナーな問題とされている状況こそが、とても闇の深い問題であると考えています。

また、現在提供されているドッグトレーニングサービスはどこも、手が出しにくい状況にあることも確かです。ここは私たちドッグトレーナーが改善しなくてはならない問題でしょう。

私個人は、多くの人を雇い幅広くビジネス展開をし利益を出すような方法は、まるで利益優先で子犬を繁殖させている「パピーミル」のように感じてしまい、考えがまとまらない状況です。

こういったビジネスでは利益は得られますが、とても大きな何かを失っているように感じてなりません。

パピーミルを含め、殺処分大国日本が抱える問題を少しずつでいいから、着実に変えていけるシステムを築きたいと私は想っております。

収容された犬の写真

ペットライフ吉造

ドッグトレーニング・犬のしつけ教室・預かりしつけ教室

犬との関係をより良くする事がドッグトレーニングです。愛犬と穏やかに暮らすために、ある程度のトレーニングが必要です。兵庫県西宮市を拠点に全国でドッグトレーニング ・犬のしつけをしており、数々の飼い主様の『どうしたらいい?』を解決してきました。犬のことならどんなことでもご相談ください。

ペットホテル

長期、短期旅行など愛犬を連れて行けない時はご連絡ください。急な用事にも送迎を行なっておりますので、対応可能です。11頭と収容数は少ないですが、過密ペットホテルではできないアットフォームな、一匹一匹に時間をかけれる部屋数に設定しております。1300m2のドッグランを完備しております。犬たちの性格、年齢、体格とグループに分けて思い切り駆け回って楽しく遊びます。
冷暖房完備、超大型犬でも泊まれるハウス、ペットライフ吉造ではワンちゃんにストレスがかかりにくい、快適なペットホテルを提供しております。

 

 

 

 

 

ペットライフ吉造

tel:       0798-20-4741

mail:     petl.kichizo@gmail.com

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る