吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

犬の食物アレルギーの見分け方

2016年6月25日

最近は、犬にも食物アレルギーがある事が広く知られるようになってきました。

しかし愛犬の皮膚トラブルが、アレルギーであるか判断するのは難しいものです。

そこで、食べ物が原因なのかを見分ける方法をまとめました。

もし心当たりがあったら、動物病院で血液検査をしてもらいましょう。

 

・皮膚炎の範囲を見る

1つめの見分けるポイントは、赤みやかゆみが全身にあることです。

耳や目の周り、お腹、お尻などの、全身の皮膚の薄いところから炎症が出始める傾向があります。

細菌が原因で皮膚トラブルが起きている場合、初期症状は部分的である場合がほとんどです。

ただし、細菌が全身に広がっていると、飼い主さんだけで見分けるのは困難になります。

 

・お腹の調子も確認

そこで、2つめのポイントは、食後に胃腸のトラブルがないかを見ることです。

食物アレルギーは皮膚の症状だけでなく、お腹の張りやおなら、ゴロゴロと音がする、お腹がゆるくなることがあります。

強いアレルギー反応だと下痢や嘔吐、口の中をかゆがる時もあります。

お腹の弱い体質だと思っていたら、ずっと食べていたドッグフードへのアレルギー反応だったという場合も多いです。

皮膚炎を獣医さんに見てもらう時に、お腹の不調がないかどうかを伝えることで、原因の特定がしやすくなります。

 

・アトピー体質の犬は要注意

ホコリ、ノミやダニの死骸、ハウスダストが原因のアトピー性皮膚炎は、食物アレルギーによく似た体のかゆみが出ます。

このような、接触性のアレルギーを起こしやすい犬は、食物にもアレルギーを持っていることが多いです。

アトピーは外側からのケアが第一ですが、皮膚炎が長引く時はドッグフードを変えてみると良いかもしれません。

急に症状が出るのが食物アレルギーの怖いところですが、原因の食材を取り除くだけで治る病気でもあります。

また、愛犬のアレルギーについて把握しておくと、ペットシッターやホテルに預ける時も安心です。

早く気付いて対処してあげることが大切なので、スキンシップと一緒に体調チェックをする習慣をつけましょう。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る