吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

愛犬のダイエットに成功する食事選び

2016年7月1日

犬にとって肥満は、糖尿病や関節炎など、様々な病気を誘発する避けるべき状態です。

しかし、運動だけで体重を落とすのは難しく、同時に食事制限もしなければいけません。

そこで、無理なく痩せやすい食事内容をご紹介します。

 

・食べる量とカロリー

太ったからと言って、食べさせる量を極端に減らすとストレスがかかり長続きしません。

そこで、ダイエット用フードを利用すれば、食べる量を変えずにカロリーと脂肪分が減らせます。

もし食事量を減らすのであれば、パッケージ表記の体重に合わせた給餌量の1~2割減までにしましょう。

フードが減って物足りない子には、ゆでキャベツや小松菜、リンゴ、豆腐などでかさ増しすると満足感が得られます。

体調を崩さないために、1ヶ月で落とす体重は10%までと決めて、ダイエット食を半年から1年は続ける計画を立てましょう。

 

・材料にこだわる

運動が苦手なワンちゃんや、シニアの子は代謝が落ちていることもあって、食べる量を減らすだけでは痩せにくいことがあります。

イモ類を使ったドッグフードは、穀物系に比べて血糖値の上がり方が緩やかで、満腹感を持続しやすい傾向があります。

ラム肉には、脂肪の燃焼をしやすくするL-カルニチンが多く、ダイエット向きの食材です。

このように、同じカロリーでも原材料の違いによって、太りにくくできる場合があります。

 

・おやつ

ドッグフードのカロリー計算が完璧でも、おやつのことは見落としがちになりやすいです。

ゆでキャベツやリンゴなどのカロリーの低いものや、ササミや白身魚などの脂肪分が少ないお肉がおすすめです。

もしくは、重さを計った1日分のドッグフードを、食事用とおやつ用にあらかじめ分けておくと、カロリー計算の必要がありません。

家族全員でおやつのあげ方を統一して、誰かが余分に与えてしまうことのないように気を付けましょう。

太ってしまった犬の散歩や看病、介護はとても苦労します。

飼い主さんと愛犬のお互いが大変な思いをしないためにも、理想体型をキープしておくことが大切です。

少し太ったかな?と感じたら、早めに食生活を見直してみてください。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る