吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

ぽっちゃり犬も楽しくできる運動

2016年7月1日

犬のダイエットを成功させるには、食事制限と運動を同時に取り組むと良いと言われています。

しかし太り気味の子は、長く散歩をさせたくてもバテやすく、思うようにはいきません。

そこで、動きたがらない子も取り入れやすい、お家でできる運動を紹介します。

 

・美味しく運動

500mlの空のペットボトルに、ドッグフードが一粒ずつ出る大きさの穴を開けて、切り口をテープで保護します。

決まった量の食事をペットボトルの中に入れて、キャップを閉めます。

穴からエサが出ることを教えれば、前足で転がししたりくわえて振ったり、食べながら体を動かせます。

少しずつ時間をかけて食事ができるので、お皿で食べるより少ない量で満腹になりやすいです。

ペットボトルは壊れると危険なので、目の届くところであげましょう。

 

・宝探しゲーム

愛犬の好きなおもちゃを、クッションの下やソファの裏などに隠して、見つける簡単な遊びです。

隠している間はワンちゃんを部屋から出すか、サークルに入れて目隠しします。

ケガをしないように、高い場所や狭すぎるところはやめましょう。

ルールを覚えるまでは、半分見えるように隠したり、フレーバー付きのおもちゃを使ったりすると見つけやすくなります。

得意な子には隠すおもちゃの数を増やし、毎回違う隠し場所を探し回ることで、飽きずに運動ができます。

 

・シニアにおすすめ

中の見えないコップや、蓋付きの缶などを4つ用意します。

一列に並べた容器の1つだけにおやつを入れて、匂いでおやつ入りを当てられたら、ご褒美に中身がもらえるゲームです。

最初のうちは、入れ物の数を2個でやってみて、ルールを覚えたら増やしていきます。

慣れてきたら、容器と容器の距離を遠くしていくと歩数を増やせます。

ゲームで使ったおやつの分だけ、食事のカロリーは減らしましょう。

体重が増えた犬ほど、長時間運動し続けるのは難しくなっていきますが、短時間の運動を何回もすることでカロリー消費を狙えます。

飼い主さんに時間の余裕がなければ、ご家族や友人、ペットシッターなど、周りの人にも協力してもらいましょう。

ワンちゃんの体を動かす機会をこまめに作ってあげることが、ダイエット成功への近道です。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る