吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

犬がよろこぶおもちゃ

2016年7月23日

犬用のおもちゃとして売られているものは、目的も色々で種類も豊富です。また、家にある物をおもちゃとして使える場合もあります。おもちゃを使って上手にストレス発散させてやりましょう。

 

・飼い主さんと一緒に遊ぶ物

フライングディスクやテニスボールなど、飼い主さんが投げた物をキャッチして戻ってくる遊びは、飼い主さんもワンちゃんも楽しめます。テニスボール大のボールは咥えられない小型犬にもピンポン玉サイズの穴の開きにくいボールが売られています。たくさん走ることで運動にもなるのでお勧めです。

ロープや輪っかになったものなど、犬と引っ張り合いっこするのに適したおもちゃもあります。たいていのワンちゃんはこの遊びも大好きですが、中には、興奮しすぎてくわえたまま放そうとしないわんちゃんもいますので、そんな場合は「はなせ」の指示を出し、少しクールダウンさせましょう。

 

・知的欲求を満たす物

人間の赤ちゃんでいうところの「知育玩具」にあたる物です。特殊な形状の中に餌やおやつを詰めて、どうやったら食べることができるのか、犬自身が頭を使うように作られています。一説によると、普通に食器に入れて与える餌よりも、そのようなタスクを達成した結果得られる餌の方が、犬の満足度が高いとも言われています。

 

・作業欲求を満たしたり、ストレス発散をさせる物

子犬や若い犬の場合、噛みたい欲求も強く、好奇心も旺盛なので、その欲求を満たしてやる必要があります。
ぬいぐるみやロープなど様々な種類がありますが、案外あっけなく破壊することもありますので、中の綿やロープの切れ端を飲み込まないよう注意しましょう。犬用の牛皮ガムも同様で、長い時間遊ぶことができますが、大きな破片のまま飲み込んでしまうこともありますので、必ず飼い主さんの管理下で与えるようにしましょう。

その他にもガムよりさらに減りにくいプラスチック製の噛むおもちゃもありますが、わんちゃんのフレーバーや噛み心地に関する好みはそれぞれ違いますので、一概に「これが良い」とは言えなさそうです。

 

どのおもちゃでも与えっぱなしにはせず、犬の様子を観察しながら、年齢や体調に応じた物を与えるようにしましょう。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る