吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

ドッグカフェで愛犬はどこに座らせるべき?

2016年11月4日

ドッグカフェや愛犬同伴OKな飲食店などへ行った時、ふと愛犬はどこへ座らせるべき?と感じたことはありませんか?

お店からの注意書きには、店内でトイレをしないこと、むやみに吠えない事が記載されている事が多いのですが、愛犬の座る位置について書かれている事は少ないでしょう。

 

大型犬であれば当然の事ながら、飼い主の足元ですごしていますが、小型犬の場合、飼い主の膝の上に居る場合、椅子に座っている場合、床ですごしている場合と様々です。

この点は、しつけ相談でもよく見られる質問で、良かれと思い床ですごす様に小型犬に教えてきたものの、実際は椅子に座らせておいてもいいのでは?と思われるのです。

 

飲食店に犬を同伴することは、海外ではごく当たり前に行われています。もちろん飲食店以外の小売店、バス、電車どこへでも犬を同伴する事が出来ます。

その文化が日本にペットブームと共に取り入れられ、ドッグカフェという日本独自のスタイルで定着したのです。

でも、海外の場合、犬はきちんとしつけがされていて、連れ出す以上はトイレの失敗やトラブル、無駄吠えがなくて当たり前とされています。そのようなしつけができていないで犬を飼うという事こそ、犬にとって不幸であり、飼い主は犬を飼う資格がないと判断されるのです。

もちろん、飲食店に犬を同伴した場合には、犬は食事中足元で静かに待っています。

 

日本の場合も同様で、犬を同伴OKとはいうものの、それはあくまでも「同伴」という意味だと理解しておくべきでしょう。

椅子に座らせる、テーブルの上においてある料理に口を付けて食べる、食器やフォークなどを飼い主と共有するという事は、マナー違反なのです。

ペット同伴OKのお店を訪れる飼い主の中には、このような行為を不快だ、不衛生だと感じる人も少なからずいるものです。

公共の場である事も理解したうえで、犬は足元でしずかに過ごす事ができるように、日ごろから練習をしておくとよいでしょう。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る