吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

犬も虫歯に?歯磨きの必要性

2020年4月17日

犬も虫歯に?犬が直面する口内トラブル

 

犬も虫歯になります!犬は虫歯になりません!

どっちが正解?と戸惑いますね。

厳密には、犬は「虫歯になりません」。ここでいう「虫歯」とは人間の歯で起こる症状の意味です。

犬にみられる虫歯の症状は人間の虫歯とは異なります。

そのため犬は虫歯にならない!といわれることがあります。

犬が抱える虫歯に似た症状は

〇口内トラブル

〇歯垢

〇歯石

〇歯槽膿漏

などの言葉で表現されます。

人間と同じように歯が解けるわけではありませんが、辛い痛みや炎症、食事に不便を感じることは同じです。

犬の写真

口内トラブルの症状は?

では具体的な症状はというと

〇強く不快な口臭

〇歯の根元に茶色や緑色の固い塊が付着している

〇歯がぐらついている

〇食欲不振

〇口元に触れられることを過度に嫌がる

〇少量の出血

などです。

歯垢や歯石が原因でおこるこれらの症状は、3歳前後を境に急増する傾向があります。

もし愛犬にこれらが思い当たる場合は動物病院を受診し、治療を始めてあげましょう。

口内トラブルを予防するためには?

口内トラブルの原因となる歯垢や歯石は毎日の食事を通じて、わずかな量ずつ歯の表面に蓄積されてゆきます。

ドッグフードに含まれる添加物や増粘剤、成型剤などがその主な原因です。

愛犬を辛い口内トラブルから遠ざけるためには、こまめな「歯磨き」が効果的です。

歯磨きの方法は

〇歯ブラシ

〇ガーゼ

〇飲み水に混ぜるシロップ

〇歯の表面に塗るジェル

〇歯や歯茎に吹きかけるスプレー

など様々なタイプがあります。

歯磨きは毎日続けることで効果を実感できます。家族にも愛犬にも負担にならず、毎日続けることができる方法を選らびましょう。

まとめ

犬に歯磨きや口内ケアを施すことは決して過保護なことではありません。愛犬を辛い口内トラブルから守るために、これからは毎日の歯磨きを習慣化してゆきましょう。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る