吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

大型犬を飼うために準備しておきたいもの

2019年12月14日

最低限の準備はしておきましょう!

大型犬はその存在感や大らかさからとても人気が高く、昔に比べて大型犬を見る機会も増えました。

しかし家に迎え入れるとなると、その体のサイズから飼うためには準備しておかなければいけないものがたくさんあります。

今回は大型犬を飼うために最低限準備しておきたいものをご紹介致しますので、是非参考にしてください。

大きめのサークルやケージ

安心できる寝床

大型犬に限らず完全フリーの環境で犬を飼うのでなければ、全ての犬種において安心できる寝床となるサークルやケージは必須となります。

また、いずれフリーにする場合であっても子犬のうちはサークルやケージがあった方が犬も自分の居場所ができ安心して過ごすことができるでしょう。

子犬のうちは特に口に物を入れてしまうので誤飲防止のためにも、犬を見ていることができない時はサークルやケージを利用することが大切です。

大型犬用のサークルやケージを購入する場合は、成犬時になってもお留守番の時や寝る時に利用できるように大きめのサークルやケージを準備しておくことをおすすめします。

子犬には大きすぎる場合はサークルやケージに仕切を付けることができるタイプのものを選んだり、DIYでトイレと寝床を分けてあげたりと工夫をしましょう。

体が小さいうちに犬を迎え入れた場合は、大きいサークルやケージを選んだつもりであっても予想していたより犬が大きくなり、結局何度も購入しなければいけないということが多々あるので気を付けましょう。

犬小屋

高さ調整できる食事テーブル

大型犬の場合は胃捻転防止や食べやすさを配慮して食事テーブルを使うことがあります。

子犬のうちに高さ調整ができる食事テーブルを準備しておくと後々とても便利です。

最近の高さ調整テーブルは高さだけでなく角度調整可能な商品もあり、老犬介護で使用できるものなど種類が豊富です。

全体的に大型犬の食事テーブルは価格が高い傾向にあるので、どうせ購入するのであればライフステージ問わずに使える高さ調整や角度調整が数段階できるものを選ぶと良いでしょう。

ドッグフードやオヤツ

大型犬用は取り扱いが少ない

大型犬の場合は子犬であってもドッグフードを食べる量が小型犬とは全く異なります。ペットショップやホームセンターで購入すると運ぶのが大変で、種類やサイズによっては取り扱いがないことがあるのでインターネットで購入しておくと便利です。

また事前に準備しておく場合は、犬が食べなかったときのことを考えて2種類購入しておくと良いでしょう。

犬は環境の変化に弱いので、迎え入れて数日はストレスにより食欲が低下することがあります。

そのため万が一犬が食事を受け付けなかった時のことを考えて、嗜好性の高いオヤツを準備しておくのも良いですね。

新しく犬を迎え入れる場合、躾やトレーニングでも頻繁にオヤツを利用することがあります。

ドッグフード

大きめのトイレ

大型犬の場合は大きめのトイレを準備しておきましょう。

雄であればL字トイレやおしっこポール付きのトイレがおすすめで、躾用の大きめトイレを準備しておくと長く使用できます。

最近では個室のように入り口部分以外に壁がある大型犬用のトイレも販売されていますが、このような商品は犬の習性を活用して大型犬がトイレ内で回ることができるようになっているのでトイレの躾が簡単に行えます。

子犬のうちはトイレの躾の時に入り口部分に仕切りを置いて扉を付けるとトイレの躾がさらに簡単です。

子犬から老犬まで使用できるように初めに大きなトイレを準備しておきましょう。

大型犬を飼うために準備しておきたいものについて簡単にご紹介致しましたが、これらは最低限準備しておきたいものです。

大型犬用となると全体的に商品の価格が高くなるので、いかに長く使用できるかを考えて準備すると良いでしょう。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る