吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

犬に危険な食べものとは?

2019年11月22日

犬にとっては危険な食べ物も

食事中に犬が物欲しそうな目で見ていると、ついつい食べ物を与えたくなってしまいます。

しかしここで注意が必要なことは、人間にとって栄養満点の食べものであっても犬にとっては危険なものが数多くあるということです。

今回は、犬に人間の食べものを与える機会がある方に是非読んで欲しい危険な食べものについてご紹介致します。

危険度が高い食べ物、チョコレートやココア、ぶどうや干しぶどう、ネギ類全般

・チョコレートやココア

犬に危険な食べ物

カカオが入っており、アルカロイドの1種である「テオブロミン」という犬にとっての有毒成分が含まれています。

犬が食べてしまうと体の痙攣や内臓の出血、また不整脈や心臓発作の原因になりますので、絶対に与えないようにしましょう。

・ぶどうや干しぶどう

犬に危険な食べ物

ぶどうが危険な理由としてぶどうに含まれる農薬やカビの毒素などが考えられますが、実は何故ぶどうを与えると危険なのかは未だ判明していません。

ただし、ぶどうや干しぶどうを与えると犬に腎機能障害が起こり急性腎不全になる確率が非常に高いことは確実であり、これらを食べたことによって犬が死亡した例が数多くあります。

・ネギ類全般

犬に危険な食べ物

ネギ類全般には「アリルプロピルジスルファイド」、「n-プロピルジスルファイド」と呼ばれる成分が入っており、これらが赤血球にある「脂質膜」に危害を与えることが分かっています。

溶血性貧血や血色素尿の原因となり、大変危険ですので絶対に犬に与えないようにしましょう。

場合によっては犬に危険となる食べもの

アボカドや生の卵白、アブラナ科の野菜や生の魚は場合によっては犬に危険な食べものになり得ます。

・アボカド

犬に危険な食べ物

アボカドは品種によっては犬に危険になり得る食べもので、熟していないアボカドや限られた品種のアボカドには、犬にとっての中毒成分である「ペルシン」がたくさん含まれているので注意が必要です。

「ペルシン」は人間にとっては体内の殺菌作用が期待できる成分ですが、犬にとっては毒素になりやすく大量に食べてしまうと中毒症状が引き起こされやすい物質です。

ちなみに、日本で出回っているアボカドの多くが「グアテマラ種」という品種で「ペルシン」が多く含まれているので犬にはアボカドを与えないことをおすすめします。

・アブラナ科の野菜

犬に危険な食べ物

ブロッコリーやキャベツ、カリフラワーやケールなどアブラナ科の野菜は数多くありますが、これらは甲状腺疾患がある犬の場合は避けましょう。

甲状腺はミネラル分の「ヨウ素」によってホルモンを作り出していますが、この「ヨウ素」を体内に吸収する時にアブラナ科の野菜が吸収を妨げるので、甲状腺疾患がある犬に与えるのは危険です。

犬に与えてしまいがちな危険な食べ物

野菜の芽やへた、鶏の骨は犬に与えてしまいがちですが、ジャガイモの芽などはしっかりと取り鶏の骨は危険ですので絶対に与えてはいけません。

・野菜の芽やへた

犬に危険な食べ物

トマトやナスのヘタ、ジャガイモの芽などには犬の中毒症状の原因となり得る「ソラニン」が含まれていますので、しっかりと取り除いてから犬に与えましょう。

ちなみにジャガイモの芽はこれ以外にも「チャコニン」という毒素も含まれていますので、犬にジャガイモを与える時は細心の注意が必要です。

・鶏の骨

犬に危険な食べ物

犬が中毒を起こすような成分は含まれていませんが、他の骨の形状と異なり「縦に裂ける」という性質を持っており非常に危険です。

クリスマスシーズンになると鶏の骨を飲み込んでしまい動物病院に運ばれる犬が多いそうですが、縦に裂ける骨については犬の喉や気管、消化器官など体の内部に刺さる危険性が高いので気をつけなくてはいけません。

まとめ

犬に危険な食べものについてご紹介致しましたが、人間にとって栄養満点の食べものであっても、全てが犬に良いわけではありません。

人と犬の消化能力には大きな違いがあり、人が消化分解できる有毒成分であっても犬は消化できずに体に被害を及ぼすものも数多くあるので、人間の食べものを与えるときには十分注意して与えましょう。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る