吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

ドッグトレーナーが愛犬にする、秘密の習慣

2019年8月23日

おやつなどの用意は不要!!

『犬が思う楽しいことの前にお座りをさせる』

その習慣とは、『犬が思う楽しいことの前にお座りをさせる』だだこれだけです。

すごくシンプルで意味あるの?と思われる方も多いと思いますが、犬の興奮を抑える事と、興奮を即座に低下させること、飼い主のことをよく見てくれる様になります。

犬の写真

はじめに愛犬の好きな事ランキングを書き出してみましょう!

【私の愛犬、ウィルくんの場合】
1.おもちゃで引っ張り合い・投げてもらう
2.ドッグランに出る時
3.ご飯
4.ハウスから出る時
5.散歩で扉から出る時
6.車に乗る時
7.マッサージ
8.おやつ
9.寝室に入るとき
10.ハウスから出て1つ目の扉を出るとき

このランキングの前に、『お座り』を愛犬に指示します。

そうすることで、

お座りをしたら→ボールを投げてくれた
お座りをしたら→ハウスから出れた
お座りをしたら→散歩に行けた
お座りをしたら→車に乗れた

お座りしたら、願いが叶う。ということを愛犬に覚えてもらいます。

犬の写真

この事を習慣付けしていくと

犬は何か飼い主に要求したい時は興奮するのではなく、お座りをするようになります。
その他にも、玄関を出る時は、バタバタするのではなくお座りをするようになります。

犬からの要求も分かりやすくなり、ウィルくんが何か要求したい時は、私の正面に来て私の目を見て、お座りをすることがあります。
これは何かの要求です。
だいたいは、マッサージかおやつ、散歩の時だと確実におもちゃを出せなどです。

この習慣の最大のメリットは、犬が不意に興奮した時の『OFF』にさせる効果です

日頃から、楽しいことの前にお座りをさせていると、不意にテンションが上がった時も『お座り』と言うと、テンションは上がっているけども、お座りして待つ様になります。

もう少し具体的に書くと
犬を見ると、ワンワンと興奮してしまう子。
この記事を見られている方の中にも、『うちの子だ!』と言う方もいると思います。
上記のことを習慣で行なっていると、この様な場面でも、『お座り』と言うと比較的簡単にしてくれます。
お座りをしたら、おやつなどのいい事を愛犬に与えて、その場を容易に回避できます。

その事を繰り返し行うと

犬を見る→興奮する(ワンワン吠える)→犬が遠ざかる
となっていた事が

犬を見る→お座りする→おやつ貰える
に変わり、ワンワン吠える事が少なくなります。

このトレーニングは様々なことに応用ができ、おやつなどを上げる必要もなく、只々愛犬が好きな事をやる前にお座りをしてもらうだけです。

皆さんも是非、お試し下さい😊

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る