吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

シャンプーのコツ

2016年8月7日

ご家庭で愛犬をシャンプーするとき、逃げたり暴れたり、大変な思いをしていませんか?

嫌がるからとお風呂に入れる回数を減らしてしまうと、慣れるきっかけがなくなり更に苦手になっていきます。

しかし、ワンちゃんが気持ちよくシャンプーできるポイントを守れば、嫌がることも減らせます。

 

・不快の原因を無くす

被毛の厚みによって熱いお湯はより熱く、冷たい水はより冷たく感じるので、38~40度のぬるま湯を使ってください。

そして、シャンプーを嫌がるワンちゃんの多くは、シャワーの大きな音を怖がっています。

お湯を出す前に吹き出し口を手のひらで覆って、できるだけ音を小さくしましょう。

お湯をかけるときは、シャワー口を毛に密着させると音が出にくくなります。

 

・洗いにくい箇所から

薄めたシャンプー液を全身にかけ、普段ブラッシングでは汚れが落ちにくいところから先に洗います。

首周りのシワ、脇と脚の付け根、足の裏、指の間や爪周りなどです。

ワンちゃんと飼い主さんが疲れてきても、残りが洗いやすい背中などなら手早く終わらせられるからです。

爪を立てずに、マッサージするように指の腹で洗いましょう。

 

・顔周りの洗いかた

シャンプーの泡を眉間と頬にのせたら、広げないように揉み洗いすると、目や口にシャンプーがはいりません。

耳の中にお湯を入れないために、顔には直接シャワーをかけず、手でぬぐいながらお湯をかけましょう。

シワがある子は念入りにお湯で流すか、タオルで撫で洗いすると汚れが落ちやすいです。

ブルブルと首を振るとき、耳の中のお湯と一緒に汚れが出てくるので、汚れてもいい場所で十分にさせてください。

また、体を振るって水気を飛ばすのはくしゃみのような反射行動なので、むやみに驚いたり叱ったりしないようにしてあげましょう。

 

ワンちゃんは、飼い主さんがシャンプー上手になったのだとわかれば、安心してお風呂に入れるようになります。

苦手な要素を取り除いて、優しく声をかけながら楽しくシャンプーしてあげましょう。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る