吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

散歩のルール

2016年8月15日

散歩の時間になると犬が興奮してしまったり、犬に引きずられながら歩いたりしていると、疲れるだけでなく交通事故のリスクも上がります。

犬の散歩のやり方を見直して、しつけができているかチェックしましょう。

 

・散歩のタイミング

毎日必ず決まった時間に散歩させていると、同じことの繰り返しになってしまい、気分転換になりません。

適度に脳を刺激してストレス発散できるよう、ぴったり同じ時間に散歩させることは避けた方が良いです。

また、無理に毎日散歩をする必要はなく、天気の悪い日や地面が熱い時間帯は、室内の軽い運動でかまいません。

外に慣れている子であれば、時々は歩くコースも変えて、愛犬の好奇心を満たす冒険をさせてあげましょう。

 

・リードの持ち方

犬との距離が短いほどリードに力が伝わりやすいので、犬の位置は飼い主さんの真横が理想です。

リードの持ち手の穴に手首を入れたら、短くなるまで折り畳んでまとめて掴み、もう片方の手で犬が前に出ないようコントロールしましょう。

大型犬など力が強い犬の場合は、持ち手の穴に紐部分を通して大きな輪を作り、肩から斜めがけにすると両手でリードを持てます。

 

・コミュニケーション

アイコンタクトをしながらの散歩が理想的ですが、慣れないうちは優しく名前を呼んで、振り向かせることで視線を交わすようにしましょう。

興奮して勢いよく走りだしてしまうと、つい叫んだり名前を呼んだりしまいがちですが、これは逆効果になります。

犬は言葉がわからないので、あなたの慌てて冷静でない様子を、喜びでテンションが上がっていると勘違いしてしまうからです。

叱るときは低い声で一言だけにとどめ、犬が落ち着くまで無視して一歩も動かないという強い意志で静かに待ちましょう。

そして、犬の興奮が収まって飼い主さんの様子をうかがってきたら、アイコンタクトを取って歩き出します。

 

散歩は運動とストレス発散のためだけでなく、お互いの距離や声かけを通して信頼関係を深めるチャンスです。

的確なしつけとコミュニケーションを続けると、無駄な体力を使う事なく、お互い楽に散歩ができるようになってきます。

散歩の時間になると犬が興奮してしまったり、犬に引きずられながら歩いたりしていると、疲れるだけでなく交通事故のリスクも上がります。

犬の散歩のやり方を見直して、しつけができているかチェックしましょう。

 

・散歩のタイミング

毎日必ず決まった時間に散歩させていると、同じことの繰り返しになってしまい、気分転換になりません。

適度に脳を刺激してストレス発散できるよう、ぴったり同じ時間に散歩させることは避けた方が良いです。

また、無理に毎日散歩をする必要はなく、天気の悪い日や地面が熱い時間帯は、室内の軽い運動でかまいません。

外に慣れている子であれば、時々は歩くコースも変えて、愛犬の好奇心を満たす冒険をさせてあげましょう。

 

・リードの持ち方

犬との距離が短いほどリードに力が伝わりやすいので、犬の位置は飼い主さんの真横が理想です。

リードの持ち手の穴に手首を入れたら、短くなるまで折り畳んでまとめて掴み、もう片方の手で犬が前に出ないようコントロールしましょう。

大型犬など力が強い犬の場合は、持ち手の穴に紐部分を通して大きな輪を作り、肩から斜めがけにすると両手でリードを持てます。

 

・コミュニケーション

アイコンタクトをしながらの散歩が理想的ですが、慣れないうちは優しく名前を呼んで、振り向かせることで視線を交わすようにしましょう。

興奮して勢いよく走りだしてしまうと、つい叫んだり名前を呼んだりしまいがちですが、これは逆効果になります。

犬は言葉がわからないので、あなたの慌てて冷静でない様子を、喜びでテンションが上がっていると勘違いしてしまうからです。

叱るときは低い声で一言だけにとどめ、犬が落ち着くまで無視して一歩も動かないという強い意志で静かに待ちましょう。

そして、犬の興奮が収まって飼い主さんの様子をうかがってきたら、アイコンタクトを取って歩き出します。

 

散歩は運動とストレス発散のためだけでなく、お互いの距離や声かけを通して信頼関係を深めるチャンスです。

的確なしつけとコミュニケーションを続けると、無駄な体力を使う事なく、お互い楽に散歩ができるようになってきます。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る