吉造ブログ

ワンちゃんに関する情報や、得する情報などを発信しています。

犬に基本的なしつけは何故必要?

2019年11月15日

基本的なしつけとは

「おすわり」、「待て」、「伏せ」、「来い」

犬にとって基本的なしつけとは、「おすわり」、「待て」、「伏せ」、「来い」の4つですが、これらは犬の問題行動防止、飼い主と犬双方にとっての快適な生活を実現、飼い主と犬のコミュニケーションのために非常に大切です。

またこれらの基本的なしつけが出来ていないと、その他のしつけが出来ない場合も数多くあります。

今回は、基本的なしつけ「おすわり」、「待て」、「伏せ」、「来い」の4つの必要性についてご紹介致します。

犬の写真

「おすわり」は何故犬に必要?

精神面も穏やかになる

犬も人間同様に座っている時には体のみならず精神面も穏やかになる傾向にあるため、「おすわり」が出来るとドッグランなどで人や他の犬に飛びつこうとした時の防止に役立ちます。

その他、飼い主にとって立っている犬より座って落ち着いている犬の方が制御しやすいことから様々なしつけを行う時にも「おすわり」が出来ることが必須条件となります。

「待て」は何故犬に必要?

何かしらの事故から犬を守る

「待て」のしつけが犬に必要な理由は、交通事故などの何かしらの事故から犬を守るためです。

その他、「待て」は「おすわり」同様に犬を落ち着かせる、他者や他犬への飛びつき防止、犬を制御しやすくするために有効なしつけです。

犬の写真

「伏せ」は何故犬に必要?

犬の体と精神を休ませること

「伏せ」のしつけが犬に必要な理由は、第一に犬の体と精神を休ませることです。

「おすわり」同様に犬を落ち着かせるためにも有効ですが、単純に出かけ先で長時間犬を待たせる時にも犬は伏せた状態の方がリラックスして待つことができます。

ちなみに盲導犬など人のために仕事をする犬の場合は、どんな場所でも伏せることによって体や精神を休ませることができるよう、しっかりとしたしつけが行われています。

犬の写真

「来い」は何故犬に必要?

「来い」のしつけは「待て」同様

「来い」のしつけは「待て」同様に、交通事故などの何かしらの事故から犬を守るために必須です。

よく迷子犬のチラシを見かけますが、犬が音で驚いたり鳥を追いかけたり、パニックになったりと逃げてしまう事がありますが、飼い主がその場にいた場合は「来い」のコマンド(合図)で犬が飼い主のもとに戻ってくれば犬を危険から守ることができます。

その他にも犬が興奮して他の犬や人に危害を与える危険性があるときにも、「来い」の呼び戻しが非常に役立ちます。

犬の写真

犬の基本的なしつけについてご紹介致しましたが、これら4つのしつけに関しては飼い主のためだけではなく犬を守るために非常に大切なしつけです。

たまに犬のしつけと言うと、飼い主の言う事を聞かせるためだけのものだと勘違いする人もいますが、犬が問題行動を起こすということは犬の身にも危険を及ぼしたり、最悪の場合は問題行動によって犬が保健所に連れてこられたりする場合もあります。

飼い主と犬双方の豊かな生活を守るために、しっかりと犬が飼い主の合図(コマンド)に従うように時間をかけて確実に基本のしつけを行いましょう。

他の人にもシェアして教えよう! 他の人にもシェアして教えよう!

この記事にコメントする この記事にコメントする

入力エリアはすべて必須です。

コメント

お名前

メールアドレス

ページ上部に戻る